読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原田亮が蹴りだしたクロスで繋がる絆から産まれた失いたくないものを守るにはどうするべきか(2016年JFL1st第4節vsホンダロック)

ブログを書くかちょっと悩んでました。

この前のブログ、覚えてます?めっちゃ原口くん推したじゃないですか?

その次の日に、練習見学いったんですよ、正確に言うとブログ公開してから12時間も経過していない状態で行ったんですよ。

試合前日でですね、状況的に誰がメンバー入りしたかわかるんですよ

めっちゃ原口君、メンバー外やがな!!

拙者の呪い?なに?推すとなんか発動しちゃう?とか魂融かしながら練習眺めてました

いや、多分いろんな選手にチャンスを与える中口メソッドだと思うんですけどね。

短くも長いリーグ戦で、色々環境も変わっていくから出れるときに出て欲しいから悪いことではないんだ、うん。分かっているけど結構ショックを受けてました。

 

あっ、練習見学行って気がついたけど。望月さま普段は「実成都くん」呼びであったので、望月様は「少しでも短く意思疎通するためにどんなに大先輩であっても試合中は呼び捨てにする鹿島式ルール」を実践しているのだと思うことにしたよ!

ホンダロック戦では「かずき」って呼んでたよ!

 

自分はこうゆう風に観察系オタなので、練習見学は個人的に楽しいです(ストーカーとか言うな)

今はクラブハウスとか無くて、観戦用のスタンドが選手の荷物置き場なのでどうしても居心地悪いというか所在の置き場に困るけど、練習メニューとか試合では感じられない空気が楽しくてですね。

例えば、3人一列で、笛が鳴った瞬間に10メートルくらいダッシュっていうメニューで、立ったそのままダッシュとか、座って待機から立ち上がってダッシュとかあるなかで、どんな形でもいいから背中つけてからダッシュというパターンで、笛がなった瞬間、3人揃って前転してダッシュというのは非常に特撮ヒーローみたいで、ワクワクしました。

戦隊ものなら石間がまちがいなく赤だよね!

サッカーのルールとかわかんなくても、この練習で何が築かれるのかすぐにわかんなくても楽しいので、気軽に観に来ていただきたいです。

観に来てくれる人が多くなればスタンド開放しなきゃいけないからいつかきっとクラブハウスできるはずや・・・クラブハウス出来たら「昔はね、クラブハウス無くてそこらへんで選手着替えてたから目線のやり場に困ってなぁ」と同じ話を繰り返して、みんなに煙たがられる古参厄介オタごっこをしたいです

 

車止めれそうなところすぐ近くにないので不便かもしれないけれど、駅から徒歩でのんびり歩いても10分で来れる街中に練習場ってあんまりないよ、しかも散歩のふりして眺められるのとか楽しめるうちに楽しんで!(リーグが始まったことにより試合優先のため平日勤務状態となり、練習見学がなかなか出来ない属性)

 

 あーなんか練習のことだけで纏めに入りそうですね。

試合、試合。ロック戦、ロック戦。えーそうですね、この試合、この試合もよく耐えれたなと。

個人的には写真を撮れるチャンス、後半はほとんど無くて、前半のゴールも混戦でちゃんとシーンとして抑えきれず後悔しかないんですけど、ハラハラするゲームをきっちり閉めることが出来たのは全体として大きな成長だと感じます。

なんだろうなぁ、勝ったってよかったね!って全力で喜べないというか、自分の中で過去のトラウマスイッチを押しまくっていたせいなのあるかもしれんけど……

試合中にトミさんが怪我をするというシーンについて1番インパクト残しているのは2010年

シーズン前のTMで骨折して、ようやく6月に治って低迷するチームを救うかのごとくシーズン初スタメンとなったアウェイ琉球戦でまたも骨折。帰りの飛行機での悲壮な顔つき、思い出しただけで即座に心をぐさぐさジャックナイフで刺された後、熱したフライパンで叩かれる感覚に陥るので、馬場ちゃんが丸を出しても案の定あかんやん!交代かよ…

となってもトミさんの状態は心配であったけど、交代で入る桑ちゃんに関しては「今年、キーパー1番練習してますよ!」と豪語してるし、試合の流れを把握してピッチに入ってたからさほど心配してなかったので、あの時から変わったな、変われたなぁと一つトラウマスイッチの入れ換えは出来た気がしないでもない(さっきのアウェイ琉球戦は、アウェイだったのもあって控えキーパーの安藤がボールの空気抜いたり帰る準備してて試合見てなかった時に起こったのでそれも不安を煽ってた)

桑ちゃん本人は結構ビビってた的な言葉を試合後口にしていたけど、試合前のアップ時に、保護期間が終わって野に放たれたウサギのような不安げな空気を醸し出していた原田くんに比べたら非常に落ち着いてたかと

原田くんは、今季初スタメンでアップでピッチに向かう時ふわっとしてないけど、綿菓子みたいな軽さを感じてしまって、大丈夫かしら?とババア心に不安を煽られてた。

ラインメール戦のベンチメンバー入りの時はそんなことなかったし、昨年12月のセレクション時は美濃部くんとともに目を引いたプレイみせてくれて当時から「MIOに不安さえなければ是非に加入を!」と思ってたので、もっと堂々としていいのよ!とお祈りしながらレンズ向けていたので、試合でボール触るたび、綿菓子みたいな空気が飴細工の飴のように伸ばされていくようにみえてこの先どんなキラキラが出来上がるのか楽しみで仕方ないです。(その分SP印刷組としては美濃部くんの心境も気になりつつだけどチャンスの順番は来ると思うから今できることやりきれって言うのだけは容易いですね、はい….)

スタメンだった時から原田くんにコメント貰うのは確定していて、なんとなく出てくる言葉も想像出来ていたけど、運営スタッフへの感謝の言葉は自分の中になくて、それをさらっと口にできるくらい脳細胞に組み込まれているのはさすがプリントダイナマイトクオリティ

彼らが試合に出てくれることで繋がる何かがあるし、救われる人もいると思うのでMIOが受け入れられる環境であり続ける為に、MIOから社会人のキャリアをはじめた若者たちもはやく目にみえる結果を一つでも多く掴めてくれたなら、試合も安心してみれるのになぁ……という有言実行させるためのコメント人選でした。

コメント人選で思い出した!コメント撮る人、今は試合後にホワイトボードでオーダー伝えているんですよ

そこにさいとうたつやさんも無論書いてたけど返却された時に名前消されてた気がしないでもないよ!

消しても無駄だよ!写メ撮ってから渡してるからね!

と誰とはなしにお伝えしておきます。

おやすみなさい、二度寝します